ホーム

代表ブログ

2020年6月22日

トラウマの消し方

トラウマ、
うーーーん、
重たい言葉ですね。

トラウマは
心的外傷”とも呼ばれ、
かなり複雑で厄介なものとされています。

ある程度の期間、人生を生きていればトラウマの
一つや二つは誰もが持っているのではないでしょうか。

昨年の紅白出場歌手、
キング・ヌーも
『白日』の歌詞の中で

「後悔ばかりの人生だ
取り返しのつかない
過ちの一つや二つくらい
誰にでもあるよな、
うんざりするよ」
と歌っています。

それに続くサビの歌詞では

「まっさらに生まれ変わって人生一から始めようか」
と歌っていますが、
普通の人はなかなか、まっさらには生まれ変われません。

では
トラウマを抱えている人は
どうやって解消すればいいんでしょうか?

そのためには
まずは
トラウマ
の正体について、自分なりに考えたことについて書いてみたいと思います。

トラウマの正体は、大脳辺縁系

そもそも
トラウマの正体は、なんでしょうか?

トラウマの正体を知ることで、
トラウマを消す方法も見えてくると思いますので
共有していきます。

トラウマの正体は

ズバリ、”古い脳”
である
大脳辺縁系
だと考えています。

人間の脳は
古い脳と新しい脳から出来ているという話はこのブログでも何度もしています。
参考URL:「古い脳と新しい脳」
https://syde.jp/w2/archives/9143

トラウマは
新しい脳と古い脳の間にギャップが生まれている状態と考えます。

ふとした言葉や、
ある特定の状況になるなど、
何かのきっかけで、
生命維持装置である
古い脳

そこから逃げろ!
と指示を出している状態が急に発生します。

それが
トラウマ
であると自分は考えます。

過去に強烈なストレスを感じてしまうと
古い脳には
その行動や状況が
危険
とインプットされてしまいます。

その危険な状況を避けるために
実際の状況や
理屈を無視して
古い脳が強烈な指示を体に与える、
脳の状態だと考えると理屈が通ると思っています。

とにかく
危険な場所に行かせない、
それが古い脳の目的
になるので
頭痛を引き起こしたり、動悸を激しくしたりするんだと思います。

トラウマの解消には古い脳との和解が必要

なので、
トラウマを解消するには古い脳と和解する
必要があります。

「トラウマなんて軽いもの」
とか
「自分はダメだ」
なんて方向はダメです。

余計に、トラウマにしがみつくことになります。

では、
古い脳と和解するために
必要なことはなんでしょうか?

答えは、
トラウマを持つことになった自分を許す
ことだと自分は考えます。

一生懸命に頑張った過去の自分、
傷つきやすい従来の自分を許してあげることです。

だって、
純粋で悪意もない従来の自分が
そこまで傷つく状況だった訳ですよね。

それはかわいそう。

なので、
まずは、
自分を
しっかり、
許しましょう。

「逃げたい」

それを口に出来ないから、トラウマになったわけですよね。

本心を口にできずに、
解消できていないんですよね。

だから
古い脳が
「とにかく危険。だから逃げろ!」
と指示を出している訳ですよね。

新しい脳と古い脳が和解できていない

とは

言葉で表現が出来ていない、という状態だと考えています。

言葉で表現するためには
押し殺してきた

自分の本当の気持ち

を知ることも重要です。

そのためには
自分を責めないことです。
自分を許しましょう。

「誰も悪くない」の理屈で許しましょう。

「その時の自分は悪くない。絶対に悪くない」
で許しましょう。

誰も悪くない。

みんな正しいと思うことをしようとしている

では、
その状況を作った周りの人が悪いのでしょうか?

自分はそうじゃないと思います。

全員が、良いと思うことをしていたけど、
考え方を変えないまま
行動だけを強制した

それが
トラウマの原因だと考えます。

人は
正しいと思うことをしている間は、ストレスを感じません。

なので、
正しくないと思って
いない
こと
を強制したことが

トラウマの原因
ではないでしょうか。

その時の自分の正しいこと、
その時の周りの人の正しいこと、

それを思い返してみて、書き出してみましょう。

その時の登場人物には
いろんな人がいると思いますが、
誰も悪くない。

みんな正しいと思うことをしようとしている。

君は悪くない、そして誰も悪くない

では、何が原因だったのか?

国の教育システム?
偏った情報?
ヒアリング能力?

色々な問題があると思いますが、
大事なことは
”君は悪くない”ということです。

「グッドウィルハンティング」
という映画で出てくる言葉ですが、
君は悪くない。

そして
誰も悪くない。

とにかく、
その時の自分を決して攻撃しないように、
許して、認めて、承認してあげましょう。

その時の自分も、
大事な自分の一部です。

認めて、受け入れて、
分裂している自分を再生しましょう。

ドラゴンボールの神とピッコロのように、
一つになれれば、しっかりとパワーアップできるはずです。

そうすることで、
トラウマも解消していけるのではないでしょうか。

求人バナー

このページの上部へ戻る