代表ブログBlog

2019年11月6日

シナジーデザインの手当制度 2019年秋

会社は人の群れ。

群れの定義は同じルールに従う人の集団。

なのでルールはメッチャ重要。

ルールには、喜ばれるものもあります。
その一つが手当や休暇制度。

それらをご紹介します。

有給100%消化制度

年に21日の有給を100%消化できます。
余ったものは年度末に買取になります。

ブルーライトカット眼鏡手当

長時間、パソコンに向き合いがちな仕事なので、目が疲れがちになります。
そこで希望者にはブルーライトカットの眼鏡・レンズ代として5,000円を支給しています。
マーケティングチームはけっこう利用するけど、プログラマーやデザイナーは意外と使わない制度だったりします。

ランチミーティング制度

月に1回、11:30から社長と1 on 1のランチを実施します。
好きなメニューをリクエスト出来て、全部会社負担です。

ランチと言っても社長と話すので結構エネルギーも使います。
なので業務扱いとして11:30の業務時間内からスタートします。
本来は11時からにしていたのですが、ランチのお店が空いていないことが多く、11:30からに変更しました。

普段の業務ではなかなか、話すことができないぶっちゃけトークや悩みや想いなどを、率直に話し合います。
もちろんランチなので仕事以外の話がほとんど、ということもありますが、皆の思っていることを社長に共有する貴重な機会となっています。

現在の対象メンバーは10人になるんで、月の半分ほどランチMTGしていることになります。
これ以上増やすのは厳しくなるので月替わりでマネージャーが自分の役割を担当する仕組みにしたほうが良いかもしれませんね。

全額負担の月イチ飲み会

毎月第4金曜日は業務終了前の16:30から準備して早い時は17:00から飲み会をスタートしています。
業務時間中に開始するので乾杯は参加が基本ですが、その後は残るも帰るも自由。
もちろんソフトドリンクでも全然オッケー。
自分もずっとソフトドリンクの時もあります。

月替わりで自分たちの手で料理します。
これまで作ったメニューは盛りだくさん。
鍋はもちろん、焼肉、焼き鳥、たこ焼き、もんじゃ焼き、手巻き寿司、ピザ窯でのピザ、アクアパッツア、パスタ、ブリの解体、アヒージョなど

普段会話しないメンバーとも交流が出来るのでけっこう盛り上がります。
早く帰るメンバーもいますが、遅い人は終電を超えて語り合ったりもしています。

お酒も飲み物も
全額、会社負担です。

月末の週末でバタバタして開始がちょっと遅れることもあるので、そのあたりが課題ですね。

交通費手当

まぁ普通ありますよね。笑
求人の際は2万円まで、と書いていますが3万円近く支給している例もあります。

住宅手当

会社の近くに住む場合、入居の初期費用の全額・または一部を会社が負担する制度です。
前回は不動産屋さんに払う初期費用を全額、会社が負担しました。

お土産手当

会社のメンバーのことを思い出すのはメッチャ群れへ貢献する行為。さらにお金を出してお土産を買ってくるのはメッチャ尊い。なのでせめてお土産のお金くらいは会社で負担しましょう、という気持ちから作った制度。
まぁ、言っても年に何百回もあるわけではないので会社の負担も少ないし、いい制度なのかな、と。
お土産を買ってこないといけない、ではなく、気持ちは嬉しい、お金の負担は会社が持ちましょう、という制度。

3年お祝い制度

シナジーデザインの目的の一つに
自分も周りも長く居たい場所を作る
がありますので、入社3年をみんなでお祝いしています。

オフィスでは
スリッパで勤務しているので、UGGというブランドのスリッパをプレゼントしています。
最近はAirPodsというイヤホンやスマートスピーカーも一緒にプレゼントしたりしています。

新婚旅行休暇(慶弔休暇)

まだ一例しかありませんが、
新婚旅行や結婚式で5日のお休みが取れます。
土日を絡めると、9日間の旅行が出来るので新婚旅行はヨーロッパ!みたいなことも可能です。
さらに有給を絡めると、もっと長期間の旅行も可能です。

っとまぁ、思い付くまま書いてきましたが
メンバーからのリクエストや、
こんなのがあったほうが良いよね、と思いついたものを検討して、皆にとって良いものならば、導入していっています。
例えば今は子供がいるメンバーが自分しかいないので子供関係の制度はありませんが、
今、存在しない制度でも、メンバーのライフステージに合わせて必要になったものはしっかり取り入れて、
自分も周りも長く居たい場所
になるようにしていきたいと思います。

手当や制度はコストが掛かるので精査は必要ですが
今いるメンバーはもちろん、入社を検討されている人も制度や手当のリクエストは受付中です。
よろしくお願いします。

求人バナー

このページの上部へ戻る