ホーム

代表ブログ

2018年1月29日

等級表を導入して明確な評価制度を目指します。

シナジーデザインでは定期的に昇給する方式を取っていましたが
2017年の12月から等級表を導入しました。
8時間勤務の等級表です。

e7ad89e7b49ae8a1a8

等級表を導入した理由は次の2点です。

1、将来像を描きやすくなる
何年働けば、どのくらいの給料になるのか、ということを明確にすることで5年後、10年後の自分の姿が描けるようにしました。そのため経験年数をベースに等級を決定しています。クリエイターの場合、年数は『経験』年数であって『勤続』年数ではありません。貢献度が大きければ3年目なのに6年目の等級になるなど「飛び級」もありますので年数はあくまでも目安です。

メンバーに希望を聞いたところ
経験年数が5年で残業無しで年収500万円
という具体的な数字が出てきたので、それを等級表に落とし込みました。

2、自分の評価を数値化できる
自分は会社からどのように評価されているんだろう?
という疑問をお持ちの方は多いと思います。
シナジーデザインではその疑問に明確に回答するため等級表で職種ごとに「時間単価」を明確に設定しました。
等級が上がり時間単価がいくら増えるというのが一目で分かります。
時間単価はいわゆる時給ですが、わざわざ時間当たりの評価額、と言っているのは アルバイトではなく正社員であるという印象を持ってもらうために表現を変えています。スキルアップだけではなくチームへの貢献度が高まると等級が上がる、ということも意識してもらいたいと思っています。
この辺りは今後、もっと明確にしていきたいと思います。

等級表はまだ導入したばかりで、今後も改善されていくと思いますが
・時間単価で評価すること

・経験年数に応じた等級の上昇
はベースとして変えずに行こうと思います。

等級表だけではなく、
長く働ける場所であるために、仕組みをしっかり整えていこうと思います。

求人バナー

このページの上部へ戻る