代表ブログBlog

2019年7月3日

社内コミュニケーションの基本は「仲間への関心」

社内でのコミュニケーションには難易度ごとに段階があります。

簡単に示すと次の形になります。

社内コミュニケーションの9段階

1、お酒の席での会話

2、エレベーターが一緒など話さなくてはいけない状況での会話

3、挨拶

4、目を見ての挨拶

5、思いやりをもって自分からの話しかけ

6、業務中の自然な会話

7、指摘・ダメ出しをする

8、叱る・怒る

9、承認する・褒める

のような難易度の段階になると思います。

基本的に数字が大きくなるほど難易度が上がっていきます。

難易度の低いことができなければ、
それより難易度の高いことはできません。

自分の理想は
9段階目の
褒める
ことが自然とできるチームを作ることです。

お互いに褒め合うことができるチーム作り

褒め合うことができれば
仕事の成果をより感じることができ
ストレスが解消されていきます。

ただ
その褒める回数が多くなる会社にするためには
いきなり
お互いに褒めましょう!
とシュプレヒコールを大声で叫んでもうまくいかないです。

一定のコミュニケーションレベルに達していない状態で
「お互いに褒めましょう」
と言っても誰もうまく褒めることができません
出来たとしても、それはお世辞 です。

褒めることとお世辞は違います

お世辞は相手の心に届きません。
褒めるは相手にとって心理的に大きな報酬になります。

お世辞
は相手のことを理解しなくても言える軽いものですが
褒める
ためには相手のやっていることを理解する必要がありますし
仕事の基準も理解しておく必要があります。

褒める
まで到達するのは難しい
です。

到達するためには
このコミュニケーションの段階を理解して
一つずつクリアしていく必要があると思います。

コミュニケーションの段階で重要なのは声掛け

このコミュニケーションの段階の中で重要なのは
自分から声をかける
声かけ
です。

この段階を超えれば一気に段階が進んでいくと考えています。

単純に声をかけるだけでは意味がありません。
相手に
関心をもって、

相手の心理を考えたうえで話しかけることで、やっと声掛けが出来るようになります。

声をかけないということは、
相手に対して無関心
、ということになります。

いや、自分は関心を持っています、
と反論する人もいると思いますが、
その人は相手に話しかけてみるといいです。

話しかけれるほど、相手について、情報を持っていない。
つまり、日ごろから関心を持っていないことが分かるはずです。

声掛けの数は
つまり
相手への関心の数ということになります。

繰り返すと声掛け
というのは
声をかけるという直接的な行為だけではなく、
それ以前に
仲間に関心を持つ
という基本的な姿勢のことなんですね。

この声かけができるかどうかで社内コミュニケーションが決まってきます。

企業文化とは、無意識の行動を制御する見えない力

ところで
シナジーデザインでは
企業文化を
その企業に所属する人の無意識レベルの行動を制御する見えない力
と定義しています。

企業内で行われる
行動の多くが企業文化に制御されています。

悪い企業文化が出来れば、辞める前提で動く行動が増えます。
お互いに関心を持たなくなり、コミュニケーションが減ります。

反対に良い企業文化が出来れば、ずっと働く前提での行動が増えます。
お互いにずっと一緒に働くわけですから、相手への関心が増え、思いやりのある行動が増えます。

もし今話しかけることに抵抗があるのであれば
良い企業文化の力が弱まっているという状況です。

悪い企業文化に支配されている間は
無意識のうちに思いやりのある行動をすることができないので
話しかけることが億劫になったりストレスになったりします。

ここで重要なのは
企業文化が無意識の行動を制御する、力だということです。

無意識の行動なので数値化しないと
気づくことはできません。

なので話しかけプロジェクトという話しかけを数値化する企画を実施して数値化しながら改善していく必要があります。

シナジーデザインでも
半年前に比べてコミュニケーションはかなり活発になってきていますが
お互いの仕事内容を把握して
お互いに褒め合う
という会社になっていません。

褒められる会社になれば、より多くのストレスが解消されて
やりがいを感じやすい会社になります。

やりがいを感じられる会社になって、みんなが生き生きと働いている姿を見たい。

そのために
コミュニケーションの段階と企業文化の関係を理解して、ステップを一つ一つ上げていこうと思っています。

求人バナー

このページの上部へ戻る