代表ブログBlog

2018年12月16日

学校と会社の違いは何だと思いますか?

学校と会社の違い、
それは

お金を払っているか
お金をもらっているか

ですね。

学校はお金をはらう、
会社はお金をもらう。

当たり前と言えば当たり前ですね。

そうすると
立場は?

学校ではお客様
です。
反対に会社は提供者
です。

学校はお金を払って教育というサービスを買っているのでお客様としてサービスを受ける権利があります。

逆に会社はお金をもらっているのでサービスを提供する側です。
お金をもらっている以上、プロとしてのサービスを提供する義務があります。
自分がお金を出す立場だったら、プロとしてのサービスを相手に求めると思います。

当たり前と言えば当たり前ですね。
ただ、こうやってみると
払う側ともらう側、
全く正反対ですね。

じゃぁ、目的は何でしょう。

学校の目的は
個人のスキルアップ

ですね。

会社の目的は
お客様や会社への貢献

です。

学校は
自分の成長やスキルアップ
だけを目指せばよいのですが、
会社は個人の成長自体が目的ではありません。

会社の目的は
お客様や会社の仲間に貢献すること、
なんですね。

そのためにスキルが必要なこともありますが、
個人のスキルアップは手段であって目的ではありません

ここが、技術職で入った人が
けっこう勘違いしてしまうところです。

あと、採点方法も違います
学校では80点を取れば褒められます。

出来なかった人が出来るようになった
ことに価値があるからですね。

加点法で出来るようになった部分を評価してくれます。

会社は違います。
減点法ですね。

でも、
プロとしてお客様にサービスを提供してお金をもらっている以上、減点法であることは避けられません

プロは80点では評価されません。
100点であることが求められ、80点の場合は
出来た80点ではなく、出来なかった20点を指摘されて改善作業が求められます。

なので会社で仕事をすると
出来ない部分ばかりを指摘されてしまう、
と自信を無くしてしまう人もいます。
でも、それはお金をもらうプロの提供者としての立場上、避けられません。

先ほども言いましたが、
自分がお金を出す立場だったら、プロとしてのサービスを相手に求めると思います。

表にするとこんな感じですね。

会社は
お金をもらう場所です。
そのお金は
お客様が出しているものです。

お客様にお金を出してもらうためには、
プロの提供者としてサービスを提供し、
お客様に貢献する必要があります。

それで初めてその人のお給料が出ます。

スキルアップしたからお金がもらえた、
ではない
んです。

スキルアップしたから給料が増える、
訳ではない
んです。

お客様や会社への貢献度が上がったから自分の取り分が増えるだけなんです。

WEBデザイナーやプログラマーの未経験やスキルが低い人を採用すると
目的が自分のスキルアップ
だけになってしまう人がいます。

仕事をするためにスキルアップは必要なのですが、
自分のスキルアップを目的に設定すると、
かえって仕事がストレスが溜まりやすいイバラの道になっちゃいます。

一番大きな問題は、
会社に興味が持てない
ということです。

会社のサービスに興味を持てなかったり、
会社のお客様に興味が持てない、
また仲間に興味が持てなくなります。

だって個人のスキルアップだけが目的なんですから。
会社やお客様に貢献することが
余計なことに思える
んですね。

自分のスキルアップが目的になると採用の本来の目的である
お客様や仲間に貢献すること
が出来なくなってきます。

興味が持てないことには成長しませんから
商品知識もなく、お客様のニーズも理解できません。

仕事の成果 = 商品知識 x スキル x 意欲

という京セラの稲森さんの公式がありますが、この中で商品知識が不足すると仕事の成果が出にくくなります。

そうすると
仕事がうまく行かなくなって
仕事が面白くない、

楽しくない、
となってしまいます。

楽しくないことは不快と感じストレスが溜まります

なので、お金をもらいながら、自分のスキルアップが目的、というのは無理がでて余計にストレスがたまります。

お客様や会社への貢献が
本来の目的から外れた
余計なこと
に感じちゃうから

お客様や会社への貢献が
我慢してすること
になっちゃう
んですね。

お客様や会社への貢献は
おまけではなく
完全な目的です

また自分の成長なんて自分のさじ加減でいくらでも、目的を変更したりできます。
踏ん張りが効かないんですね。

でも、
思い出してほしいのは
会社と学校は違う、
ということです。

お客様に貢献することでお金をもらっているので、
個人のスキルアップが目的ではないんです。

心配しなくても
会社への貢献を目的にすればスキルは付いてきます。

むしろ会社への貢献を目的にしたほうがスキルアップは早くなります。
学校よりも早く成長します。

それはなぜか?

プロになることを受け入れるからです。

プロとしての基準や厳しさを受け入れるからです。

プロとして求められる責任を果たすことを受け入れられます。

自分の成長を目的にしている人は、正直甘いです。

自分の成長のさじ加減なんて自分で決められます。
しんどければ基準を下げてみたり、やりたくないことはやらなかったり。

そんなことをしていてはプロとしてサービスを提供することは出来ません。
厳しく自分を律することなんてほとんどの人は出来ません。

結果、プロとして必要なスキルを身に付けられずに成長が遅くなります。

早く成長したければ、
また、今、なかなか成長できないと感じているなら、
お客様や会社への貢献
という本来の目的を受け入れる
ことです。

そうすることでプロとしての覚悟が持て、成長スピードが上がります。

長くなりましたが、
この考え方は非常に重要なので、
これからも掘り下げて考えていきたいと思います。

タグ:

求人バナー

このページの上部へ戻る