代表ブログBlog

2019年2月20日

同じ失敗を繰り返す理由

何か、良くないことが会社でおこり、それを指摘すると、

しばらくの沈黙の後

「次からは、○○するようにします。」

みたいな回答が返ってくることが多いです。

問題の本質や考え方に触れるわけではなく、たんに行動を約束するだけの回答ですね。

でも、このパターンだとほとんどの場合同じことを繰り返します

なぜなら、この言葉は、
「分かったから、これ以上突っ込まないでくれ」
みたいな意思表示でしか無くて、問題を根本的に解決しようと思ってる時に出るものではないからです。

自分が怒られるのが不快だから怒られないようにしよう、
みたいな発想で、会社のために、という目線ではないことが多いです。

この時に問題を起こしてしまった人が
やらなければいけないのは、
次に起きない仕組みを作ること
再発防止策、ですね。

これは、出来たらやる、ことではなく、しっかりとその人がやりきる責任がある「仕事」です。

そのためには問題が起きたメカニズムを明確にする必要があります。

まず、前提として
良くない結果は、
全員が
良かれと、
と思うことをした結果、
引き起こされている

という事実です。

すべて
良かれと思ってしたことの結果なんですね。

これは非常に重要で、
悪意を持ってやったことではない、というのが余計に物事を複雑にしている。

なので、なぜ良かれと思ったのかを明確にして修正しないと
1、また同じことを、良かれ、と思ってしまう
2、「良かれ、と思ってしたことなのに」、と不満を溜めてしまう

という問題を引き起こします。

過去になぜ、それを良かれ、と思ったのかを明確にして修正することが必要です。
その上で二度と起きない仕組を明確化する、という流れをしっかりと形作る必要があります。

なぜ、良かれと思ったのかを明確にするために
前提の情報や
仕事の定義
など
も聞く必要が出てきます。

自分の責任範囲がどこまでと思っているのか?
なぜ、そのような判断をしたのか?

みたいな細部にわたって明確にする質問を投げかけないと、なかなか問題の本質は見えてきません

「そんな過去のことまでチクチクと怒られるのか、、、」
と不満に感じることも予想できますが、

重要なのは
何が起きたかを明確にして未来の再発を防止するためには、原因を突き止めて解消する必要がある、ということです。

問題を放置してしまうと、必ず同じ問題が引き起こされます。
失敗を繰り返し経験することになってしまいます。

その時のストレスを考えると、問題が起きた時にしっかりと、処理しきる、というほうがいくらかマシなんですね

求人バナー

このページの上部へ戻る