ホーム

代表ブログ

2018年3月9日

WEBデザイナーやプログラマーが期日を守るために必要なこと

WEBデザイナーやプログラマーなどのクリエイターに求められることは、
突き詰めれば実はシンプルで、

決められた時間で期日までに
求められるクオリティのものを作る

ということになります。

逆に言えば、決められた時間や期日に作れなかったり、
制作物が求められるクオリティに達していなければ
プロのクリエイターの仕事とは言えないんですね。

特に時間を守る、ことについては自分ひとりでは、
なかなか身に付けることが出来なくて苦労する人が多い印象です。

ここでは時間を守るスキルを身に付けるために
必要なことを書いてみたいと思います。

なぜ期日を守らなくてはいけないのか?

まず前提として、自分は制作物については

時間を掛ければいくらでもクオリティがあげられる

と思っています。

作ってみて納得いかなければ作り直す、
それでも納得がいかなければまた作り直す、
そうすれば作り直すたびにクオリティは上がっていきます。

ネットで調べたり、工夫したり、人の意見を聞いたりして
作るたびにスキルアップもしますので自分の成長を楽しむこともできます。

お金をもらわずに趣味で制作する場合はそれでもいいのですが
お金をもらって仕事をするクリエイターの場合は違います。

誰かからお金をもらって制作する場合は必ず予算があります。
それを時間に換算したものが時間予算、
時間予算をスケジュールに落とし込んだものが期日

となります。

案件を黒字にするためには期日までに作成する必要があります。
赤字になる案件を受け続けると会社は簡単に倒産してしまいます。

もし赤字になった分を給与から引く、
という仕組ならクリエイターはどんどん納期を延ばせばよいのですが、
そういうわけにもいかないので、
お金をもらって制作する場合は期日や時間に縛られることになります。

ちなみにこの日までに、お客様に納品をしないといけない、
そうでないと契約不履行になってお金がもらえない、という納期と、
ここでいう期日は違うので混同しないようにお願いします。

納期は期日よりも余裕をもって設定するため、
期日よりもかなり長くなります。
納期に間に合えば役割を果たしている、という考え方だと、
時間予算を超えて作業することが多くなり、
赤字案件を生み出してしまいます。
そのあたりは注意してください。

期日を守る方法を身に付けると良いこと

期日を守るスキルを身に付けることは簡単ではありません。
ただ身に付けると多くの良いことが起こります。
ざっと思いつくことを書いてみます。

– 仕事が予定通りに終わる

– 達成感が味わえる

– たくさんの仕事をこなせる

– リスペクトされ給料が上がる

– 時間のコントロールが出来る

身に付けて悪くなることは何もありません。
難しいだけで全員が身に付けることを目指すべきスキルなんですね。

身に付けるために必要な考え方

先ほども書いたようにお金をもらって制作をする場合は、
必ず赤字になる時間予算のラインが存在します。
赤字になる案件ばかり受けると、仕事として継続することは出来ません。
なので赤字になる案件はそもそも受ける必要がないんです。
言葉を変えて言うと

期日内に作れないものは作る必要が無い
んですね。
だから、プロが作るものは

期日内に作ることが絶対条件

ということになります。
なので、身に付けるべきことを一言でいうと

– 期日は絶対!という覚悟

ということになります。

頭の中で作る

デザインでもプログラムでもそうですが、一番時間が掛かるのが
作り直しの時間です。

作ってから
あーでもない、
こうでもない、
とやり直すと手を動かした時間がすべて無駄になります。

これをシナジーデザインでは「こねくり回す」と言います。

時間を守るためには、こねくり回さずに
頭の中で作る
というスキルを身に付ける必要があります。

最初のころは感覚的に分からないかもしれませんが、
頭の中で作れると、頭の中で鮮明にプログラムを動かせます。

画面を作る必要もなく、
デバッグ処理をしなくても頭の中で作ったプログラムな
らその場で動いてくれます。

デザインならillustratorを立ち上げなくても
その場で線や図形を描けます。
そうすると、まずは手を動かそう、
と作り出す人の何倍ものスピードで制作することが出来ます。
頭の中で作って検証も行えますのでテストの回数も減らせます。
この頭の中で作る、という技術をまずは身に付ける必要があります。

頭の中で作る方法についてはまた詳しく書いてみたいと思います。

とにかく、
作るための方法を考えて、作って、修正して、公開して時間をかけて
やっぱりダメ
となって作り直すのがもっとも時間が掛かります。

作り直す回数をいかに減らすか
という目線に立っても頭の中で作るスキルを身に付けることを覚えましょう。

失敗から学び、改善する

期日は最初からは守れません。
最初は必ず失敗します。
その時に重要になってくるのが、失敗から学ぶことです。
失敗から学ぶために、事実を明確にする必要があります。
なので遅延について記録することが重要です。

– 記録する

– 遅延した回数

– 遅延した時間

そして遅延した事実を明確にしたあとで、改善を行う必要があります。

– 改善

– 失敗を認める

– 問題と向き合う

– 絶対に間に合う方法を考える

プロのクリエイターに必須のスキル

「何か作ってほしい」
と相談を受けた時に
作るべきもの

そのために必要な時間
を瞬時に割り出し

「大丈夫ですよ」

と力強く答え
しばらくたった後に

「出来ました。どうぞ。」

と納品できるクリエイターはカッコいいです。
リスペクトされます。

そんなクリエイターになるためにはこの

期日を守る

 
というスキルが絶対に必要です。

避けては通れないスキルなので、
覚悟を決めてしっかりと身に付けてもらえればと思います。

とても難しいことなのですぐには出来ないと思いますし、
多くの失敗もすることでしょう。
ただ身に付けると必ず役に立つスキルです。
会社としても全力で応援しますので、ぜひ頑張ってください。

求人バナー

このページの上部へ戻る