ホーム

代表ブログ

2020年8月31日

Kさんとのランチミーティング とにかく頑張っちゃだめ

8月27日

今のストレス値は?ぱっと浮かぶ数字は?

「今は70%位です」

Nさんが産休に入るまで残り1ヶ月

その短い期間で先輩がやっているレベルまで
サポートのスキルを上げないといけないので
とてもプレッシャーがかかっている
今は必死に頑張っている状況

奥野
自分で必死に頑張ってるって思ってるかもしれないけど
行動がついてきていない
改善策を提示されて
自分でもその改善策を実施すると約束しているのに、
指摘されたことと全く同じことを翌日も繰り返していたり、
具体的な改善策を作れていなかったり

必死にやってはいるが
無意味なプレッシャーを自分に掛けている
だけになっている
そんなことしてもあまり意味がない

出来ていないところを具体的にピックアップし
その足りていないところをどうやって埋めていくのかを
考えることが必要なのであって、
自分に意味のないプレッシャーをかけて
寝不足になったり、
ストレスが蓄積したとしても、
会社にはメリットがない
むしろ悪になるだけ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Kさんが言うには

これまで経験した仕事は
個人宅への飛び込み営業だった

決まったトークスクリプトがあって
ピンポンと鳴らして同じトークを繰り返す

頭を使うよりも
我慢して
足で稼ぐ
あんまり頭で原因について深く分析したりせずに
とにかく現場で動き回るといった営業スタイルだった

それがシナジーデザインだと
新規の営業をする必要があったり
サポートをする必要があったり
その都度トークの内容を変える必要があったり
商品は1つではなく複数あったり
して
常に頭を使って考えないといけない環境

それへの適応ができてない
とても難しいと感じている

その難しいのはKさんが入る前から同じで
前の職場の飛び込み型の営業は
いわば昭和の営業スタイル
その昭和の営業スタイルのままだと時間の流れとともに淘汰される

前の仕事での役割は
あくまでも実行部隊

そのため仕組みについてそこまで深く考える必要はなかった

そういう意味では楽だったけど
いろんなストレスが溜まったからこそ
転職して今のウチに来てるんじゃないんですか?

頭を使って
考えて付加価値をつける

それが求められている時代なので
頭を使って
解決策を考えるスタイルに切り替えるんだったら
早いほうがいいんじゃないですか?

Kさんの中で変なモヤモヤみたいなのがあって
前の方がうまいこといってたなぁとか
今は失敗ばっかりだ
みたいなので
この転職は正しかったのだろうか
自分でやっていけるのだろうか
みたいな迷いが生じている
なのでうまくいかなくなっている

1番最初に言ったけど
辞める辞めないの選択肢があると
踏ん張りがきかない
やり切ると決めて
できるようになる事しか出口がない

と考えれるかどうかがかなり重要

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

その辺りは
どんな感じですか?

「次が最後の転職にしようと思ってシナジーデザインに入社してきたので
気持ちはしっかりしています」

と思いたいところだけど
それは4月に思っていた自分の考えの話で

今の頭の中で起きていることを正しく表現しているわけではない

この4ヶ月の間でたくさんの失敗をして
たくさんのストレスが解消されないままになっている

人はストレスを無意識に避ける生き物なので
今たまっているストレスをうまく解消しないと
ストレスのかかっている場所から逃げる
つまり会社を辞める
という選択肢が頭に自然に浮かんでくるようになる

いやいや辞めてはいけない頑張ろう
いやいや、ここが最後の就職先なんだ頑張ろう

みたいな辞める選択肢を打ち消す作業が
ストレスがかかるたびに頭の中で行われるようになる

そうするとエネルギーも出ないし
パフォーマンスも落ちる

でこれは基本的に新入社員すべてに起きること
なぜなら転職して、
特に異業種への転職の場合はうまくいかないことが多い

失敗を繰り返す
という構図になるのであれば
同じタイミングで入っている人はみんなそこで戦っていることになる

その時重要なのは
頭ん中でまずその場所から離れろっていう指令が出ていることを認めて
その上でもう一度自分の中で
シナジーデザインで最後までやっていく
という誓いを立てて
ストレスがかかる度に辞めるという選択肢が
頭に浮かばないようにした方がいいと思う

どんな感じですか?

「自分は
一度決めたらやり切る方だと
自分で評価していて、
自分はやり切ると思ってるんで
辞めようとは思わないです」

でもそれは古い脳から出てくるストレスを無視しているだけで、
そこで戦っている部分はあると思います

うまくいってないのは
スキル不足

不足しているスキルの一覧をまず書き出すこと

敬語
トーク
分析

その辺の改善をしないまま
次の日に切り替えて頑張ろう

気持ちを入れ替えて頑張ろう

みたいなことをやっている

結局は訪問販売のスタイル

問題を解決しないまま
足で何とか稼ごう

たまたまラッキーのお客様を拾おうみたいな

そんな仕事のスタイルが君の基本スタイルになっている

その基本スタイルを切り替えること
が最もしないといけないこと

深く考える事から逃げて
ストレスがかかると
思考停止する

それは若い人は皆そこからスタートすることで
恥ずべきことではない

仕事が終わった後にどっと疲れて
なかなか準備ができない

それもみんな同じこと

その中で少しでも準備をしてること自体は評価できるけど

でも、ITの業界に20代後半に中途採用で入ってくるのであればそれでは足りない

まずは頭脳労働であることを理解して
仕事の基本部分を変える

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

楽な方に行きがち

それはみんなそう

でも
君の目的は何?

仕事の負荷を減らすなら、とことん減らせばいい

お金が欲しければとことんスキルアップを

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

とにかく頑張る、はダメ

せっかく高校まで一生懸命野球をやっていてある程度の結果も出して
関西では有名と言われる大学に入って
そこまで順調に来たのに
18歳から26歳までの8年間
その間の過ごし方がもったいなかった部分も多い

その間に楽しく過ごした人とやはり差がついていると
自分でも感じているってことなんで
どうするか

Kさん
「そうですね確かに差がついてると思うんで
とにかく頑張ろうと思います」

奥野
いやそれやねん
とにかく頑張っちゃだめ

まずは何が起きているのか
それを分析しないと

情報の収集をして原因を特定して
原因を解決するための仮説や方策を立てて実行する

それがやるべきことで

分析も、情報収集も、原因の特定もせずに
これまでのことを、
とにかく頑張ると同じ結果になる。

だから、
とにかく、頑張っちゃだめ。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

もともと人なんか急に生まれ変わらない

もともとできていなかった人が
ちょっと気持ちを入れ替えました
といって、できるようになるわけがない

もともとできなかったんだから
何もしなかったらできない人に戻るだけ

ってかできないままで何も変わっていないだけ

君がしないといけないのは
仕事においては生まれ変わるくらいの
スタイル変更をしなくちゃいけなくて
別業種に転職するって事は生まれ変わるのと同じ

生まれ変わるって事は、
まず殺さないといけなくて
今の自分過去の自分を殺さないといけない

そのあとで新しい自分をそこに入れていく

前の自分を残したまま生まれ変わることなんてできない

日本人が外国に行って違った文化を見ると違和感を感じる

それは日本がホームで
無意識のうちに日本の行動や習慣を当たり前と思って考えているから

日本人は日本がホーム

それと同じように
最初に入った会社の考え方や基準がその人にとって仕事のホームになる
ホームで身に付けた習慣や考え方は簡単には変わらない

日本人が外国に行ったところで、簡単に習慣を変えれないのと同じ

君の場合は訪問販売の習慣がホームとなってしまっているので
それを変えない限りは
実行部隊としての仕事しか一生できないことになる

賃貸不動産の営業とか
薄いITの会社の営業とか
そんなんであればできるけど
しっかりとしたもの作りや
付加価値の高い仕事と縁がない人生になるかもしれない。

それができるようになるためには
君の中のホーム、
仕事の基本、
それを変える必要がある。

変えることが出来れば
無意識のうちに正しい行動をとれるようになる。

そこまでは頑張って切り替えることが重要。

求人バナー

このページの上部へ戻る