代表ブログBlog

2019年12月3日

デキテルのパートナー様を増やしたいと思っております。

船井総研さんのオートビジネスチーム総会でブース出展をします。
今回で5回目ですが今までと一味違います。

今までは
デキテルや抱きしめ~るのご契約をいただく店舗様にアピールしていましたが、
今回はデキテルの代理店様の募集を行おうと思っています。

代理店のメリット

まず
デキテル代理店のメリットとして2つあります。

提案するきっかけ、いわゆるドアノックツールになる
ことと
継続収入になる
ことです。

ドアノックツールとして

このご時世ですから、集客に苦労していらっしゃる整備工場様は多いですが、なかなか相談できる相手も、効果的な解決法も見つけられていない方のほうが多数派だと思います。

そこで、
整備工場様向けに9年の実績がある弊社のデキテルをご紹介いただければ、
貴社の見込みのお客様に
こんな新しい商材があるんですけど、一度ご訪問を、、、
みたいな感じで新規のドアノックツールにしていただけるんじゃないか、と思っております。

デキテルは
弊社の知るところ、業界ではナンバーワンの契約数を持つサービスですので
それをご紹介いただくことで、貴社に

継続的にご紹介料をお支払いいたします。

ご紹介いただければ
1件当たり初回で50%、半年ごとの契約更新ごとに20%のご紹介料を継続的にお支払いいたします。

元々が月間1万円のサービスですので大きな収益にはならないかもしれませんが
ご紹介いただいた方が8年継続すれば、21万円のご紹介料となります。

既に1社で20件ご紹介いただいているパートナー様の場合は400万円を超えるご紹介料になる計算です。

準備について

チラシが必要ですし
HPが必要です。

今のところ準備が出来ていないので、3日弱で急ピッチで作る必要があります。

間にあうかなー、と不安ですがやるしかないですね。

でも、デキテルのリリース時の9年前にも、すでに代理店様用の資料はガッツリ作っていまして、そのアレンジでいけるかな、と思います。

その時に作った資料をここに貼っておきます。

かなりガッツリな資料ですが、当時のデザイナーが1日ほどで、もともとあった媒体資料をアレンジして作った覚えがあります。
今見てもしっかり作っていますね。

代理店の管理ツールもしっかりとシステムとして作っていたので、かなり代理店営業を意識していたことが分かります。
ただし、当時はサービスの認知度も低く、代理店になっていただける団体とのつながりもなかったのでうまく行きませんでした。

でも、今なら日整連さまをはじめ大きな団体様との取引もあるので、信用力は少しは上がったのかな、と思っております。

チラシは
キャッチコピーを大きく書いたデキテル代理店用のチラシを作ろうかな、と思います。
媒体資料は10枚つづりとかなので、かさばります。

手渡しするうえでもチラシは作ったほうがやりやすいです。
ただ、内容は変わるのでコストをかけて良いのか迷いますが、、、、

でも媒体資料は公式な雰囲気のあるものに残しておきたいのでやはり、チラシは作ろうと思います。

チラシの内容は
10分ほどで
ラフを書いてみましたので、
デザイナーに渡して、仕上げを行いたいと思います。

キャッチコピーに分かりやすいメリットを出すために
金額を押し出したものにしようと思います。

ラフを載せておきます。

まとめ

船井総研さんのオートビジネスチームの総会に参加して
同じように参加されているパートナー会員様にデキテルの代理店のプレゼンを行おうと思っております。

もちろん、他の皆さまのご迷惑にならないようにたっぷりある待ち時間に行いたいと思います。

アピールできる時間帯には通常のデキテルの無料トライアルもアピールしたいと思っています。

求人バナー

このページの上部へ戻る