ホーム

代表ブログ

2018年7月10日

【デキテル】マーケティングチームが上半期の目標を達成してくれました。

今年の上半期、
シナジーデザインのマーケティングチームが年初に立てた、
デキテルの契約数の目標を達成してくれました。
これは、とてもすごいことです。

目標を設定することは誰にでもできますが、
実際に目標を達成出来る人はわずかだと思います。

自分も営業畑を歩んできたので、
目標設定は身近にあったのですが、
実際に目標を達成する人は稀でした。
感覚的には10%くらいのイメージでしょうか。

目標達成が出来ない場合でも、
・目標に近づけたからいいか
・次は頑張ろう
・得たものはある

というふうに自分に言い訳をすることは出来るのですが、
そういった言い訳をせずに非常にストイックに
結果を追い求めてくれたマーケティングチームの取締役には
心から頭が下がります。

彼の今年の前半は特に体調がすぐれない日が多かったですが、
そんな状態でも休んだり抜けたりせず、
ひたすら自分のやると決めたことを遂行していました。
特に今年前半にリリースした電子書籍の執筆時は
多くのタスクを並行してこなしながら、
しっかりと期限に間に合わせて、
この人は本当にすごいヤツだな、敵わないな、
と思ったのを覚えています。

上半期では
ぱっと思いつくだけでも

・デキテルアワードを開催
・お客様インタビューを50件獲得
・電子書籍のリリース
・SP(セールスページ)の改修
・毎月3回のニュースレター発行
・セミナー
・新規、ホームページの制作代行
・お客様への電話フォロー

といった幅広い業務をこなしてくれました。

そして何より、
デキテルというサービスを本当に大事に思ってくれていて、
その良さを少しでも多くお客様に伝えたい
という想いで取り組んでくれています。

想いが強いため敢えて苦言を呈してくれることも多いですが、
しっかりと考えたうえでの意見なので出来るだけシステムに反映しようと
ストレスなく取り組めます。

お客さまにもその想いは伝わるようで、
お客様に必要と感じたことをしっかりと伝える彼の姿勢に
全幅の信頼を寄せているお客様も多くいらっしゃいます。

またマーケティングチームのメンバーも、
そんなストイックな上司の背中をしっかりと追いかけながら、
急ピッチで成長してくれています。
慣れない仕事にもかかわらず、
しんどそうな顔を見せずに
しっかりと踏ん張ってくれている姿を見て
とても心強く感じています。

電話の応対などを見ていても
明らかに半年前に比べて内容が深くなり、
自分の言葉で話せるようになってきていると思います。

総務チームのメンバーも電話応対の幅を広げながら
しっかりとサポートしてくれて、
数字の達成に貢献してくれています。
マーケティングチームの時間を空けるうえで
とても大きなサポートだったと思っています。

とにかく、目標を達成したことは本当に難しくて、
稀で、素晴らしいことです。
一度、マーケティングチームで
ゆっくりお祝いをしてもらおうと思っています。

自分もとても嬉しいです。

求人バナー

このページの上部へ戻る