ホーム

代表ブログ

2021年7月8日

会社をしていると年に何回かめちゃめちゃいいテレアポがかかってくる それになる

テレアポは迷惑です。
業務をしているのにいきなり電話で職場に割りこんでくる。

迷惑極まりない存在です

でもテレアポは法律で禁止されていない。
受付の方が一応電話には出る。

何故か?

それはテレアポにもまれに
宝物が混じってるからです。

年に何回か
1回か2回だけ、

とても役に立つ
会社の運命を変えるような情報を
提供してくれる、

変化の機会を与えてくれる
テレアポがあります。

商材は様々です。
会社のリフォームの話であったり
求人の話であったり
集客の方法であったり

様々です。

でも確かに有益なテレアポが存在します。

自分たちそれにならなくてはなりません。

自分たちが年に数回かかってくる有益なテレアポの業者であれば
皆さんが話を聞いてくれます。

自分たちはメーカーで
商品を企画して
作っています。

そしてその商品は車屋さんだけです。

一般的な今日私に向けて作ったものではなく
電話をする相手そのもの
ドンピシャの方たちに向けてサービスを作っています。

そしてどんなお店でも基本的に必要になってくる
集客のツールです。

今すぐ使わなくても
知識として持っている必要があることだと自分は考えます。

なので話を聞く事は
そのお店の今すぐの変化
だけでなく、
将来の売り上げ低下の時にも使える重要な情報になる可能性がある話です。

自分たちのテレアポは
単にデキテルと言うサービスを売り込むだけではなく
「世の中には御社の業界に特化した
こんな集客ツールがあります。」

「そしてそれをこのぐらいのコストで使うことができます」

「具体的にはこういった内容になっています」
ということをお伝えしたい。

ご判断はお任せします。
でも聞く価値はあります。
こういったことを伝えられるだけの自信を持った、
重厚感のある、
浮ついてないトークをする必要があります。

それができれば話を聞いてくれます。

わざわざ受付の方が電話番号を教えてくれたりすることも多くあります。

とにかくアルバイトのテレアポになってはいけない。
コンサルテレアポ
それを目指してください。

求人バナー

このページの上部へ戻る