ホーム

代表ブログ

2020年9月30日

特に新入社員は誰のために働くべき?

新入社員を入れていきます。
新しく会社に入る時は、
やる気と不安に満ち溢れている状態だと思います。

将来の自分のために頑張ってスキルアップしよう、
とか
色々と出来るようになって、自信をつけたい
みたいな
考えは間違っています。

この考え方では
ストレスアウトしてしまう可能性が高いです。

自分で勝手に変えられる基準で仕事をすると、
しんどい時の踏ん張りが効かない。
なんで、フワフワとした変わりやすい自分のモチベーション、
というものに左右される仕事になりやすいんですね。

なぜ、新入社員のあなたがここにいるのか?
それは
会社が規模の拡大、というプロジェクトに取り組んでいるから、
です。

あなたのために、会社が動くんではなく、

新しい人を入れて会社の規模を少し大きくする

という
会社の重要なプロジェクトの
主要メンバーとして、プロジェクトを成功させるのが
あなたに与えられたミッションです。

この客観的な目線を持つことで
自分の感情、という重要だけど曖昧になりやすく
振り回されやすいものが客観的に見やすくなりますし、
問題点と自分自身への評価を分けて考えられます。

何か失敗したときに、俺って駄目な奴だ、もう駄目だ、
ってなるんじゃなくて
問題点はどこか?
どうすれば解決できるか?

というビジネスマンとしての目線を持ちやすくなります。

上司の目線から見ると
落ち込んだ部下を立ち直らせるのは
けっこうな時間とエネルギーが必要です。
あなたが変に落ち込んだりしないことが
会社のリソースを無駄にしないことになります。

もちろん、
新入社員のあなたが落ち込んだ時が出てくるのはしょうがないんで、
そんな時は上司を頼って、どんどん相談すればいいですが、
あなたの感情にチーム全体が振り回されるのが
会社のデフォルトの仕事の仕方にしない、という考え方が重要です。

頑張って行こう!
やってやるぞ!

エネルギーを出すためには
そんな気持ちも大切です。

求人バナー

このページの上部へ戻る