ホーム

代表ブログ

2020年6月19日

平均勤続数が1.9年の会社

シナジーデザインでは
色々とうまくいかないことが起こったりします。

何故でしょうか?

その原因の一つはメンバーの経験値が少ないからです。

どのぐらい経験が少ないのかというとこんな感じです。

IT業界の平均勤続年数っていうのは6.2年です。

他の業界は12.1年なのでそれに比べると、
IT業界は極端に勤続年数が少ない業界になっています。

参考URL

比較的若い業界なので50代60代の人が少ないというのもあると思います。

他の業界に比べるとIT業界の

6.2年というだけでも驚異的な短さなんですが、

シナジーデザインはなんとちょうど2年です。

だったの2年です。
平均勤続年数が2年しかない会社。

さらにほとんどの人が業界も未経験

よく回していますよね。

回しているだけではなくて、
売り上げも増えているし、
お客様の数も増えている

人数も昨年1年間で5人も増えた

かなり強引に成長させている状態です。

ただ圧倒的に経験不足

半分以上の人が入社2年未満です。

そりゃいろんな問題が起きます 笑

でも自分はある意味楽しみでもあって

シナジーデザインの平均勤続年数が6年になるまで
まだまだ時間がある

まだまだ猶予があるということです。

今のメンバーたちが踏ん張って何とか生き残って、
平均勤続年数が6年にまで到達することができれば

シナジーデザインの戦闘力はかなり増えていると思います。

今はその過渡期

いろんな問題が起きると思いますが

一つ一つ乗り越えて成長していく時期だと思っています。

平均勤続年数が短いというのは気になる人もいらっしゃると思いますが、
1人で創業した会社ならこんなもんだと思っています。

未経験者を採用しては育成して
でも、やっと出来るようになったら独立したり、他社へのステップアップに使われたり。

そんなことを繰り返して、
元々は離職率がかなり高い会社だったのですが、
色々と改革を行ったことによって、
今は年間の退職者が一人とかそんなくらいに落ち着いています。
(誰も辞めない会社を目指しますが)

そんな感じで
今後は平均勤続年数が伸びていくと思っています。

こんな時期でも給料を増やしてきた

こんな感じで若い勤続年数の短い人たちが多い会社なんですが
昇給に関しては頑張っているつもりです。

給料自体は

経験年数が少ないのもあって低い金額からスタートしますが

昨年1年間の平均の年収アップの金額は339,890円です。

月収でいうと約30,000円位の昇給を全員がしていることになります。

年間で500,000円以上年収が上がっています。

年収の上り幅のグラフを出してみました。

平均勤続年数2年以下の会社の上り幅としてはかなり多い方だとは思いますので、
その辺は頑張っています。

メンバーも頑張っています。

からくりは、
経験の少ない人で責任ある仕事を任せられてしまうので

その時は
とても負荷が高く感じますが、
負荷の高い分だけ成長も速く、
給料も比較的大きな上り幅で
上がっていると言えると思います。

とにかくこれまでは経験人数が少ない中で戦ってきたので
とても厳しい時期でした。

経験人数が浅いということは、
マネジメント経験のある人もほとんどいない中で
何とか戦ってきましたが

今はマネージャーやリーダーが少しずつ経験を積んで
会社の組織として形にはなってきました。

ここからが面白いところです。

何とか30人の会社になれるように、頑張ってきたいと思います。
楽しみです。

求人バナー

このページの上部へ戻る