ホーム

代表ブログ

2019年12月17日

働く時間は人生の何パーセント?

以前に働く時間は1年の何%と言う記事を投稿しました

1年のうちで働いてる時間は実は23%しかありません、という記事です

ちょっと記事の内容を振り返ってみると

1年の時間8760時間
それに対して、
働いている時間は1日8時間
で、
週休2日と祝日お正月を休めば
1年間の労働時間は平均で1924時間。

1924時間 ÷ 8760時間で約22%と言う数字になります。

なので働く時間は1年間のたった22%ほどしかありません。

と言う内容でした。

1年間で見ても22%ほどしかないのですから、

人生の時間で考えるとさらに短くなります。

人生80年と考えると、
人生の時間は

24時間
x
365日
x
80年


700,800時間

となります。

それに対して働く時間は、

8時間
x
240日
x
50年


96,000時間

96,000時間 ÷ 700,800時間で
約12%となります。

自分たちはこれだけ長く働いてるように感じていますが、

実は働いてる時間は人生の中でたったの12%

 
しかないんですね。

逆に言うとそれだけしか働けない。

10%の時間の稼ぎで残りの90%の時間を賄う

20歳過ぎまでは勉強することで本格的に働くことができませんし、
70歳を超えればやはり強制的に退職させられて働く事はできません

また、女性であれば育児の期間中は本格的に働くことができませんので、
労働できる割合はさらに低くなって10%を切るようになります。

で、問題なのは働かないとお金が入ってこないことです。

人生の10%程度しか働かないのに、
その時間で稼いだお金で残りの90%近くを賄わないといけない
んですね。

10%の時間による稼ぎによって、
残りの90%のクオリティーが決まってしまうわけです。

たった10%の時間で稼いだお金によって
住む場所も変わってきますし、
寝るお布団のクオリティーも変わってきます。
晩御飯に食べるものの品数や素材の価格も変わってくるでしょうし、
旅行に行く回数も変わってきます。

何より収入によって選択可能になる1年間の楽しみや喜び、
ドーパミンの量が大きく変わってきます。

もちろん今の時代は、
サブスクリプションモデルが普及していますので、
朝から晩までNetflixを見たり、
ランニングをしてドーパミンを出したり、
パソコンとインターネットがあれば何かを作る趣味をすることもできます。

お金がかからない趣味もたくさんありますが、
お金を出すことによってさらに多くの楽しみが手に入ります。

でなければわざわざお金を出して楽しみをみんな買わないですもんね。
経済活動が破綻します。

話を戻します。

たった10%の働き方で残り90%の時間が決まる、
それならば思いっきり稼ぐほうがいい

 
って自分は思います。

人生の12%しか働けないわけですから、
働いてる時間が長くてしんどいのではなくて、
逆に短時間で必要なお金を稼ぐことが
負荷が高くて難しくてしんどい
んですよね。

12%の働く時間で
必要なお金を稼ぐことしかできないのであれば、
残りの90%はただ時間を浪費しているだけになります。

毎日が暇だとか
やることがないという人は
楽しい事を買うお金がない
と言うことに言い換えられるのかもと思います。

お金の話ばっかりしていると声を生んでしまうので
少し言い方には気をつけないといけないと思うんですが、

くそほど貧乏な時代を体験した自分としては
お金はあったほうがいい、と言うのが結論です。

稼いだほうが人生を楽しめると思います。

もちろん今はお金持ちでも何でもなくて
普通の零細企業の経営者としての収入しかもらっていませんが、
それでもお金のありがたみをとても感じています。

自分の時間価値を上げる

自分が言いたいのは、
お金が全て、
なんて言うのではなくて、
働ける時間はとても短くて
趣味に当てられる時間は人生の中で山ほどあるんだから、
働く時は出来る限り集中して働きましょう。
ということです。

そして働く時間が短いからこそ
1時間あたりの自分の価値を高めること
にもっと注意を払う必要がある
と思います。

常に自分の時間価値を上げる
それを意識しながら
スキルアップをしていくべきです。

情報の収集のためにネットを見たり
本を読んだり
セミナーに行ったり
新しい場所に行ったり
たくさんの情報のシャワーを浴びることが必要です。

この情報のシャワーと言うのは、
ホリエモンこと堀江貴文さんが提唱している言葉ですが
自分もとても影響を受けています。

出来る限り情報のシャワーを浴びるように
常に情報を収集しています。

情報のシャワーを浴びて情報を常にパンパンの状態にしておけば、
だんだんと未来が見えてきます。

アイディアが浮かんできます。

やりたいことが増えてきます。

仕事が楽しくなってきます。

とにかく悩んでいる時間は人生の無駄です。
仕事が出来る時間もとても短い。

なので無駄にせず真正面から向き合って
取り組んでいきたいと思います。

ワークライフバランス

 
という言葉がありますが、
そもそもライフを示す余暇の方が人生では長いわけです。

働く時間はとても短い

 
なのでワークの時間を少し位増やしてもライフが減る事はありません。

実際に働いてる人でも、
人生のうち働くことに費やす時間はたったの22%です。

なのでやりたい事は全部できるはず。

働きながらでもです。

仕事でもプライベートでも
集中力を発揮して、
人生の時間当たりの価値をどんどん上げていく。

それが良い人生だと自分は思っています。

皆さんはどうでしょうか。

タグ:

求人バナー

このページの上部へ戻る