ホーム

スタッフブログ

2022年1月5日

2021年の自分からどう変わっていくか

新年あけましておめでとうございます。

マーケティングチームのKです。

2021年も終わり2022年になりましたが、あっという間に1年が終わったなという印象です。

 

そして、個人的な話になりますが、つい先日待望の第一子が産まれました。2022年の元旦〜3日まで産婦人科に行っていて、かなりバタバタと忙しい年始になりました。笑

陣痛も20時間続き、陣痛が来るたびにテニスボールを妻に当てていました。どうなることかと思いましたが、母子ともに無事だったので本当に良かったです。

立ち合いもできたのですが、産まれる瞬間はとてつもなく感動し、今まで味わったことのない感情で一杯でした。

 

本当は話したいことが盛りだくさんありますが、長くなりすぎてしまいそうなのでここら辺で余談は終わります。笑

今回の内容ですが、年始ということもあるので、2021年の振り返りと2022年をどんな年にしていくかについて書いていきたいと思います。

2021年の振り返り

2021年は同じチームの後輩が3人も増えました。

チームの人数が増えることはとても嬉しいですが、その分プレッシャーもありますね。

実際に自分より後に入った後輩の方が営業の数字が良かったり、他のタスクも任されています。

2021年は、自分自身の成長が遅く、出来ることもあまり増えていないと感じました。
結局、テレアポで無トラを取ること以外はほとんど会社に貢献できていません。

 

今振り返ってみると、2020年の入社1年目の方が、できるタスクが増えていたなと思います。

本当に1年は意外とあっという間に過ぎるので、自分が成長できる時間も限られているなと感じました。

自分が成長しないと、1年を棒に振っているように感じてしまうので、後で後悔しないように毎日を過ごしていきたいと思います。

2022年をどんな年にしていくか

2021年を踏まえて、2022年は毎日なにか一個でもいいから出来ることを増やしていきたいと思っています。

毎日1回でも成長できれば、1年で365回成長できますよね。

この日々の積み重ねが本当に大事だと思うので、会社に貢献するためにも早く成長できるようにしていきたいです。

 

具体的には、

・1日1個でもいいから、営業のトークを増やす

・1日1個でもいいから、キャッチコピーを考える

・1日1個でもいいから、車業界についての時事ネタを仕入れる

などを考えています。

 

毎週この曜日は、この部分を成長すると決めてもいいかもしれないですね。

とにかく自分にできることを一つでも増やしていくことが、会社やチームにとって必要だと感じています。

 

また、今年は初めての子育ても始まるので大変だと思いますが、その中でいかに時間を作っていくかが重要だと考えています。

YouTubeで12人子供を産んだ助産師さんが言っていたのですが、仕事ができる男性は子育てもしっかりできる方が多い気がすると言っていました。

もちろん案件とかではないですが、出産や子育てに関してはかなり為になる動画をたくさんあげていらっしゃるので、これから出産を控えている方や子育てをしていく方は助産師HISAKOさんの動画はオススメですよ。

 

たしかに、テキパキ仕事ができる人は家事も出来そうなイメージがあります。
逆に、ズボラで仕事も横着な人は家でもそんな感じなのかもしれません。

あくまでイメージですが。

 

やっぱり子育ても仕事もできるお父さんはとてもかっこいいと思うので、そんな理想のお父さんになれるように頑張ります。

自分の父も大手の会社で長年働いていて、仕事で疲れているにも関わらず平日も土日も毎日のように僕に野球や勉強を教えてくれていました。

父のような人間になっていきたいとも思うので、そろそろ自分もしっかりとした大人にならないといけないと思います。

 

2022年は色々新しいことに挑戦する年になりそうですが、今まで以上に成長スピードを上げていきたいと考えています。

ただ多くのことを一気にやろうとするのではなく、1つずつ着実に成長していけるよう頑張ります。

 

それでは、本年もどうぞよろしくお願い致します。

デキテルはお試しいただけましたか?

デキテルバナー 「デキテル」を利用すると1分ほどで御社のホームページが作成できます。
お試し作成が無料となっておりますのでぜひお試しください。
デキテルHPへ

このページの上部へ戻る