スタッフブログ 車業界専門のホームページ制作・システム開発

車検工場様向け デキテルTOPページ案を作ってみた

今回は、TOPページ制作案特集の第1弾として、

車検に特化したホームページの、TOPページを作成してみました。

メインメニューはもちろん「車検」です。
あと2つは、「点検・整備」、「板金塗装」にしてみました。

ファーストビューはインパクトのある内容を

01

ファーストビューとは、Webページを開いた時にまず最初に目に映る部分の事です。
つまり、お客さんが100%、何が何でも見る部分になります。

では、車検のホームページでお客さんの心を使う内容とは何でしょうか?

ズバリ、金額です。

車検選びに重要視される点は「金額」「安心感」「場所」の3点です。
中でも金額は他社との比較ができるので、お客さんがよく気にする点です。

ファーストビューで見える範囲に、金額を載せて、
お客さんが比較できる状態に持っていきましょう。

ここで少しでも興味を持ってもらえると、
ホームページの下の部分も見てもらうことができます。

アピールポイントは目につきやすいところに大きく

02

車検についてアピールできることは、ページの上部にまとめて記載するのがいいでしょう。

また、アピールには具体的な数字を出した方が、よりお客さんに伝わりやすいです。
だらだらと文字だけ並んでいても、お客さんは読む気を無くしてしまうので、
伝えたいことを簡潔に掲載しましょう。

強調したい数字の部分は文字の色や大きさを変えるなど、装飾することも
お客さんの目に留まらせるための方法です。

その他のメニューは少し控えめに

03

車検についてこれだけしっかり書いたのだから、
他のメニューもたくさん内容を書きたいと思いがちになると思います。

ですが、その気持ちをぐっと抑えて他のメニューは少し控えめな紹介にしましょう。

理由としてはホームページのパワーバランスが挙げられます。

検索順位は、「特化性」のあるページが高くなる仕組みになっています。
そこで、車検のホームページなら車検に、
板金のホームページなら板金に特化していることが望ましいのです。

ですから、車検にも板金にも点検・整備にも特化して…というようにページを作ってしまうと
その「特化性」失われてしまい、結果として検索上位にランクインしにくくなります。

お問い合わせページへの導線はしっかり

04

ホームぺージを見てもらうことがゴールではありませんから、
車検のお問い合わせをしてもらうためにも、
お問い合わせ・お見積りページへの導線設計は重要です。

作った項目の一番下にお問い合わせページへのリンクを設定して、
お客さんがわざわざ、お問い合わせページを探さなくてもよいような、
親切設計にしましょう。

電話番号を記載して、直接電話で問い合わせいただく方法もGoodです。

スマホ対応はもうデキテル

052

検索エンジン対策においてホームページのスマートフォン対応は重要項目です。
ですが、デキテルではすべてのデザインで
スマートフォン対応ができているので心配無用です。

スマートフォンレイアウトなら、左下に直接電話出来るボタンがついています。

最後に、今回作成したHPの全体像を紹介した動画を掲載いたします。

今回は車検工場様向けのTOPページ例をご紹介しました。
車検を中心に集客をしていきたい整備工場様は
ぜひ参考にページを作られてみてはいかがでしょうか。

整備工場様向けホームページ作成サービスデキテルの
無料トライアルはこちらから

dekiteru1

クルマ業界専門のホームページ作成ツールを開発しました。

デキテルバナー 車検料金表や中古車情報や季節ごとのキャンペーン情報の枠が用意されています。
クルマ業界専門だから実現できるピッタリ感の強いサービスです。
デキテルHPへ

このページの上部へ戻る