スタッフブログBlog

2009年10月30日

なぜ、整備工場専門なのか?

当社シナジーデザインがよく聞かれるのは
なぜ、整備工場専門なのか?
ということです。

その理由は
2つあります。

一つ目は
一番、ダントツに効果が出たから、です。

もともと、弊社は飲食店や美容室など
業種をしぼらずにホームページの制作をしていました。
金額も10万円前後で制作していましたので
「安い」ということで、最初は大変喜んでもらえたのですが、
作って半年もすると、だんだんクレームが入るようになりました。

その理由は
「お客様が来ない」
からでした。

安売りのホームページでは、
表面的なデザインの制作で終わってしまい、
アクセスアップなどの目に見えない肝心の部分に
時間を掛けることが出来ませんでした。

当然、多くの人に見てもらう仕組みが
出来てなかったので、
お客様は増えない。
いわば、砂漠に看板を立てる作業をしていました。

これではいけない、と思い
アクセスアップを含めた
提案をしだした頃に出会ったのが
最初の整備工場のお客様である
「アクティブ車体」様でした。

アクティブ車体の坂本社長の希望は
「とにかく、効果を出したい。」
とのことでした。
「効果を出してくれるなら」
との条件付でしたが、
決して安くない金額の提案を受け入れてくださいました。

私も「絶対に効果を出す!」
と必死に考え、さらに考え、考え抜きました。

その結果、3ヶ月ほどで徐々にお客様が増えだし、
1年を過ぎる頃には最大で月間21台の新規入庫が入るまでになりました。
入庫の中には鈑金塗装の保険修理もあり、客単価は
今までのお客様よりも
ネット入庫のお客様のほうが高いという結果でした。
アクティブ車体様では、
現在までの3年間で約250台の入庫につながっています。

また、過去に行っていた美容室の場合は客単価の平均が5000円前後だったのに対し、
アクティブ車体様では平均工賃単価が40,000円ほどと8倍の差があります。

ネットで1件の新規客を獲得するコストには8倍の差がありませんので、
整備工場のほうがネット集客をする上で効率的ということも出来ます。

2つ目は
アフターフォローをしっかり出来るからです。

アクティブ車体の坂本社長のご要望は
単に言われたことをするだけではなく、
逆に、工場のネット部門として、
アイデアをドンドン提案して欲しいとのことでした。

通常、ホームページ制作会社は
デザインはするが、一度作ったら
放ったらかし、というのが一般的です。

私も単なるホームページのデザインだけでは
社長のご要望に応えられないと考え、
無い知恵を絞って一生懸命にアイデアを出しました。

効果的なキーワードの設定や
ユーザーに響くキャッチコピーの作成、
といったホームページの内容はもとより、
車検の金額設定やリピーターを増やす仕組みに至るまで
いろいろなご提案を行いました。

坂本社長も素人発想の私の意見を柔軟に聞いていただき、
会社の運営に取り入れてくださいました。

結果として3年間で250台の新規入庫につながり、
その新規のお客様がリピート客として
2回、3回の来店につながるようになりました。

そのノウハウを他の整備工場でも使ってもらおうと考え、
坂本社長の同意を得た上で、
整備工場専門ホームページ制作会社として
大阪を中心に整備工場様の集客のお手伝いを
させていただくようになりました。

現在では大阪だけで28社の整備工場様の
お手伝いをさせていただいています。

日々、多くの整備工場様のホームページの管理を行っていると
ユーザーの考えというか、市場の流れのようなものが見えてきます。
それをクライアント様のホームページに還元し、
更なる効果アップを目指しています。

業種を絞っていないホームページ制作会社では
多様な業種のユーザー像を把握するのは
非常に困難です。

弊社は整備工場様に絞っていますので
他の業種のことは分かりませんが、
整備工場のユーザー様に一番接している
ホームページ制作会社です。

以上、非常に長くなりましたが
最後までお付き合いいただいてありがとうございました。

デキテルは車業界専門のホームページ作成ツールです。

デキテルバナー 「デキテル」を利用すると1分ほどで御社のホームページが作成できます。
お試し作成が無料となっておりますのでぜひお試しください。
デキテルHPへ

このページの上部へ戻る