ホーム

スタッフブログ

2009年5月12日

1週間で会員10万人を集められた理由

アメリカ発のファミリーセール企業「ギルト」が
TV東京の「ガイアの夜明け」という番組で取り上げられていた。

ちょっとした衝撃を受けた。

というのも、
日本で無名のサイトが
1週間で10万人の会員を獲得したという。

どうやってそれを達成したのか、
同じネット業界にいる人間として
興味があるのでちょっと検証してみた。

達成した要因

周到に計画されたプレスリリース。
(大手広告代理店が動いたっぽい。)

したっぽいことを書き出してみる。

1、
アフィリエイト
→まずは、会員数を集めて、プレスリリース時にインパクトを持たせる。
(本格スタート1週間で10万人の会員を獲得!)
→会員を増やすためにアフィリエイターに高額収入

2、
PPC広告
→ギルトのキーワードで出稿
(プレスリリース後の集客の入り口として利用)

3、
TV局にリリースを配信(大手広告代理店の本領発揮)
→山本モナを起用し記者会見
→会員獲得数をアピール
→アメリカでの成功をアピール
→創業者の魅力(ハーバード出身のブロンド美人)

リリースは成功

→ワールド・ビジネス・サテライトでニュース特集
→ガイアの夜明けで特集
→各ニュース番組でも取り上げられる。

番組を見た消費者が動く

→準備していたアフィリエイトが受け皿になる。
→ネット上にある良い評判が消費者の背中を押す。

で、ここまで書いて気になることがある。
それは、

会員の質は?

ということ
ということで、ちょっと考えてみる。

番組の中で出ていた目標売上をもとに
会員の質を検証してみる。

売上は?
月間20,000,000円 (番組でチラッっと出ていた2009年4月の予想値)
会員数は約200,000人 (単なる予想値)

購入単価 20,000円 (勝手な予想)
購入者数 1,000人

→アクティブユーザー率0.5パーセント

購入する人の比率は結構少ない印象。
(購入が目的ではなく、会員になることが目的だった人が多い)

番組で創業者が掲げていた
1年後の売上2億円を達成するためには
→アクティブユーザー数を10,000人にする。

そのためには
→成功イメージをリリースし、より集客力のあるブランド品を集める。
→成功イメージをもとに、TVでの露出を図り、質の良い会員を獲得する。

結論

サイトをリリースするときにTVなどのマスメディアの力は大きい。
そのTVに取り上げてもらうための下準備としてアフィリエイトを活用している。
具体的には短期間での会員獲得の実績をアピールし、
報道しやすい材料をたくさん盛り込む。

TVは運良く来てもらうものではなく、
しっかりと準備をして引き込むものなんだなぁと感じた。
自分たちもでもしっかりと準備をして戦略を練って、
大きなビジネスをしていきたいと思う。

デキテルは車業界専門のホームページ作成ツールです。

デキテルバナー 「デキテル」を利用すると1分ほどで御社のホームページが作成できます。
お試し作成が無料となっておりますのでぜひお試しください。
デキテルHPへ

このページの上部へ戻る