ホーム

代表ブログ

2022年4月24日

ただのIT屋さんはどんどん淘汰されちゃう時代に

これまでITに詳しくないおじさん達が日本には多かった

おじさん達は経営者だったり部長だったり偉いさんです
そんな人たちが
「ITはもう覚えられないから」
と言って昔ながらのやり方で商売をしてくれていました

そうするとITに詳しい人
が必要になってきて
IT屋さんがそういう役割を果たしていました

商売の事はあまりわからなくても
業界の事はあまりわからなくても
ITに詳しいだけで
コンバージョンとか横文字を使っていれば
なんとなく専門家の顔をしていられました

でもコロナで、そして国を挙げてのDXという流行文句で状況が一変しました

これまでは「ITなんて…」
と言っていたおじさん達がみんなITに本腰を入れ始めました

営業の数値化を行い
ウェブで販売を行い
集客もYouTubeまでをも活用し始めました

それまでITが苦手な人を見つけて
商売していたIT屋さんは

ITの基本を覚えて
自社で実践していて
素人ではない人を
相手にしないといけなくなりました

ある意味IT業界であぐらをかいていた人はこれからどんどん淘汰されるでしょう

もともと販売力があった上に
業界知識も持っていて
さらにITに詳しくなった場合
付け焼き刃で
リアルの業界知識や販売を学んだIT屋さんには勝ち目がありません

よほどITについて突き詰めるか
各業界について
プロと話ができるくらい情報を入れていく必要があります

それらを働き方改革の働く時間が短くなった中で対応していく必要があります

シナジーデザインがお取引いただいている車業界であれば年間休日は平均で100日を切ります

一方でシナジーデザインは130日ほど

年間で30日
時間で言うと300時間近い差が生まれてきています

そんな時間が短いというハンデがある中で知識を蓄えていく
そういった難しいことにチャレンジしないといけないです

とにかくITが苦手な人を相手に商売ができていた時代は過ぎていきます
5年後には一般の人たちのITの知識やスキルが底上げされているので
ただITに詳しい人というだけでは飯が食えなくなります
そういった時でも生き残れるように
本物のビジネススキルを身に付けていく必要があるのではないかな
そう感じました

そのためにオンラインでの勉強会に積極的に参加するように言っていこうと思います

業務時間内で効率よく学ばせるための仕組みを考えていこうと思います

求人バナー

このページの上部へ戻る