代表ブログBlog

2018年10月2日

前から気になっていた謎の優良企業、キーエンスについて調べてみた

昨日から新しい決算期がスタートしましたが、
前期はギリギリまでサービスを作っていたので、いろいろと整理する対象がたまっている状態です。
なので、机の上の新聞やたまっているブログ記事、積みあがった本を整理しながら今期の目標を定めていきたいと思っています。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
気合いを入れて
たまった情報を整理しているうちに、キーエンス、という会社の情報にぶつかりました。
新大阪が本社の会社で、知り合いがちょこちょこと働いていたりして、なんとなく噂だけは知っている感じの会社です。
ただ、その割にいまいち何をやってるのか分からない会社、というのが率直な印象です。

「20代で家が建って、30代で墓が建つ」
と言われるほど高給取りで激務、というイメージの会社です。
製造業が主な顧客で社員の半数以上が営業マンということなので、てっきりモーレツな押し売り系の営業会社なのかと思っていました。

でも、改めて調べてみるとそうでもないみたい。

営業会社の面
・営業マンの割合が半分以上
・高給取り
・業績給

と営業会社の一面もあるけど、反対の面も結構あります。

モーレツな営業会社と違う事実
・東証一部上場
・営業利益率が日本企業でトップクラスの53%!(一般的に営業利益率10%を超えると優良企業と言われる)
・7割以上の商品が世界初やオンリーワンのオリジナル商品、つまりメーカー
・年間の休日は126日、22時以降の残業は禁止

という感じで、全然単なる営業会社ではないみたい。

で、結局何をやっている会社かというと、一言で言うと
製造業のテスト工程を自動化する会社
のようですね。

多くの会社で人力で行っていたテストをセンサーや画像認識技術で自動化して、そのメンテナンスもすべて担当する、というのがそのビジネスモデルのようです。

製造業にはつきもののテストは、ターゲットが幅広く大きな市場、
そして、テストの仕方で品質に大きな差が出る重要な工程。
さらに、その工程には終わりがない。

常に悩んでいる状態。

その悩んでいるところに、良い方法を導入しませんか?
ウチのセンサーを含めた仕組みなら不良品率を○○%下げられて、経済的な面でも効果はこのくらいになります、
なのでこのくらい投資しましょう、という提案をしているのが想像できます。

あとは上場企業なのに情報開示をほとんどしていなかったり、創業者がメディア嫌いでネット上に情報はほとんどなかったり、キーエンスはとてもオリジナリティあふれる会社で今後もいろいろと調べてみたいと思っています。

企業の考え方の中に、「考えて、考えて、考えきる」みたいな、ウチでも言ってるキーワードがあったりと、共感することや学べることはとても多くて
ウチでも取り入れられることはどんどん取り入れていきたいと思います。

キーエンスの動画です。

(20分で書き上げるルールで書いていますので、ちょっと雑な部分もあるかもしれません)

デキテルは車業界専門のホームページ作成ツールです。

デキテルバナー 「デキテル」を利用すると1分ほどで御社のホームページが作成できます。
お試し作成が無料となっておりますのでぜひお試しください。
デキテルHPへ

このページの上部へ戻る