代表ブログBlog

成長していくための底打ち(そこうち)について

成長をしていく過程に、
底打ち(そこうち)
というのがあります。

知らず知らずのうちに、ズルズルと状況が悪化していき、自分の力ではどうやっても浮上できない状況になるとき。
あがいても、もがいても状況は改善せず、ズルズル、ズルズル、と少しずつ、でも確実に底に沈んでいく。

こんな時に、しないといけないのは、一度、一番底まで落ちてみる覚悟を持つことだと思います。
自分の状況が良くないことをハッキリと正面から認めてはじめて底が見えてきます。
そして一番底の地面を蹴って再度浮かび上がることが必要です。
これを底打ちといいます。

プールの底にどんどん沈んでいった最後に、プールの底を蹴って、水面目指して上昇するイメージですね。

一番しんどいところまで落ちてみて、それを実感して、開き直って、底を蹴る。

底を蹴ると、少し気持ちが楽になる。
下を向いていた顔が上を向くので視界が広がる。

ただ、一番底にいるのは確かなので、底打ちした後も焦らずにしっかりと水をかいて水面を目指す必要があると思います。

自分も何度か底打ちを経験しましたが、底打ちするたびに成長出来た気がしています。
とにかく諦めないことがとても大切だと思います。

デキテルは車業界専門のホームページ作成ツールです。

デキテルバナー 「デキテル」を利用すると1分ほどで御社のホームページが作成できます。
お試し作成が無料となっておりますのでぜひお試しください。
デキテルHPへ

このページの上部へ戻る