代表ブログBlog

2018年5月30日

上司に注意されないように、と思って仕事をするようになるとヤバい

「良い仕事をしてお客様に貢献したい」、と思って始めた仕事がいつの間にか、「怒られたくない」に変わることがある。

エラーをだしたり修正が多く発生すると、上司から多くの指摘が入ることになる。こうなると上司からの指摘を攻撃と感じてしまい、最終的に上司が敵のように感じてしまう。攻撃してくる相手とは距離を取りたいと感じるのは自然なことだし、また人は自分に継続的にストレスを与えられる状況には耐えられないので、とにかく「しんどい仕事から解放されたい」と思って仕事をするようになるのは自然なことではある。

でも、そのモードになると仕事にやりがいを感じることが出来ずに仕事が苦痛でしかなくなる。

このようなモードになって他人に貢献したい、ではなく自分が楽になりたい、と思ってする仕事は何も生み出さない。結果として仕事が楽しくなくなって誰にとっても良いことではない。

そもそも論として上司があいまいな部分を指摘するのは攻撃ではない。
問題の原因は主に部下があいまいにしている箇所に潜んでいることが多いので、曖昧な部分を明確化していく。その作業がいわゆる「詰められる」ということになり、攻撃のように受け取られているが本質的には攻撃ではなく協力である。

もちろん傷つけるような言い方は良くないし、配慮はするべきだがあいまいな部分を明確にすること自体は上司がエネルギーと時間を割いて部下の仕事が終わるように行う協力行為である。

なので部下にあたる人は、まず指摘されることを攻撃ではなく、協力という風に考えられるかがポイントになる。

上司目線で考えると分かりやすいけど、部下を詰める、というのはとてもエネルギーがいる仕事である。

上司目線で「詰める」という行為を見ると、
細かい部分まで可能性を考えて問題点を洗い出すのは簡単な仕事ではない。ましてや、自分がずっと取り組んでいた仕事でなければ、全体像を把握するのはかなりのエネルギーが必要になる。全体像や詳細を把握しないと判断が出来ないから、短時間でいろいろなことを質問することになる。上司にも負荷が掛かるので、得てして真剣な怒ったような顔になる。

これを部下の目線から見ると、
怖い顔をした上司が
重箱の隅をつつくみたいな細かいところまで、いやな感じで何度も突っつかれた。(怒)
となる。

誰も悪くないのにこれはツライ。。。

特に経験が浅いうちは怒られたり指摘される回数が多いので得てして自分が楽になるための仕事を選びがちだと思う。

でも、自分も含めて何人かの未経験者が成長していくのを見てきた目にはそのスタンスはかえって自分を苦しめることになっているように映る。

早く終わらせたい、と思ってする仕事では、自分にとって都合の良いテストや検証をしがちで浅い仕事になりがちだ。

その仕事は誰の役に立つために始めたのか?ということをもう一度確認する時間を取って、誰かの役に立つにはどうすればよいか?という考え方をすると良い方向に進んでいくと思う。

上司にとって指摘することは部下を傷つけることが目的ではなく、仕事を遂行するために一生懸命に考えて行っていることなので、お互いに思ったことをしっかりと共有して協力体制になりながら仕事をしていきたいと思います。

デキテルはお試しいただけましたか?

デキテルバナー 「デキテル」を利用すると1分ほどで御社のホームページが作成できます。
お試し作成が無料となっておりますのでぜひお試しください。
デキテルHPへ

このページの上部へ戻る