スタッフブログ 車業界専門のホームページ制作・システム開発

‘ケータイより’ カテゴリーのアーカイブ

アウトプットと目標についてのメモ

2017 年 3 月 19 日 日曜日

今日は久しぶりにランニング。
30分ほどiPhoneの読み上げ機能で本を聞きながら走った。
聞いたのは、文章まとめるにはどうすればいいのかという内容の本。
本は文章を書くための基本的な内容だったが、何事もやはり基本が大事で勉強になることが多くあった。
その中でも、印象に残ったのが
・・・

続きを読む

求人を出さなくても人が集まる会社に

2017 年 3 月 8 日 水曜日

未経験者だけではなく経験あるクリエイターも もう、かれこれ8年以上
Find Jobという媒体で求人をかけてます。

他の媒体に比べて有望な未経験の人が多く、
フレッシュな人材を採用するなら素晴らしい媒体です。

個人的には未経験で入社した人が育っていくのを見るのがとても好きで、・・・

続きを読む

近年の車検台数の推移を調べてみた。

2016 年 8 月 30 日 火曜日

マーケティング部の北川です。

近年はクルマ離れが深刻化しているようですが、
車の保有台数が減っているということは、
車検に出される車の数も減っているのでしょうか。

そこで今回は、各年度の車検台数の推移を調べてみようと思います。

クルマ離れの影響が顕著に、減少し続ける車・・・

続きを読む

新車や中古車など、販売系ホームページのアクセスをアップさせるブログ活用法

2016 年 6 月 7 日 火曜日

e696b0e8bb8ae38396e383ade382b00011



車販売系のホームページはアクセスを稼ぐのが難しいが、、、 シナジーデザインでは
10年ほど前から車検や板金塗装を中心としたサービス系のホームページを作ってきました。

ただ、新車や中古車等の販売系サイトの制作は避けてきたんですね。
その理由は新車販売ならディーラー・・・

続きを読む

「コバック、初の全国技能コンテストを開催」という記事を読んで

2016 年 5 月 29 日 日曜日

img_7153


日刊自動車新聞HP/

自動車新聞の記事でコバックさんが
加盟店間のコンテストを開催したという記事が載っていました。

全国に400以上の加盟店をもつコバックさんがこのようなコンテストを
開催するのはとても意味があることだと思います。

コバックさんの取り・・・

続きを読む

整備工場さまはホームページにお金をかけるべきか。

2013 年 3 月 13 日 水曜日

もちろんお金をかけるべきだという結論に持って行こうと思っています。(笑)

さぁ、どう書きましょうか。
じゃぁ、たとえ話でいってみます。

東京~新大阪間の移動は新幹線ですか?普通電車ですか? 東京から新大阪まで電車移動するとします。
皆さんは新幹線に乗りますか?

新幹線・・・

続きを読む

クラウドコンピューティングEXPOに参加してきます。

2012 年 4 月 23 日 月曜日

クラウドコンピューティングEXPOHPより

クラウドコンピューティングEXPOHPより



クラウドコンピューティングEXPOとは ゴールデンウィーク明けの5月9日から3日間、
東京ビックサイトで催されるIT業界の専門展です。

テーマは、最近よく聞く、「・・・

続きを読む

ホームページを作る際の車検料金表示のポイント

2012 年 4 月 11 日 水曜日

ライバルは車検チェーン店 仮に御社のホームページが
狙ったキーワードで検索結果のトップページへ表示できたとしても、
そこには10件以上のライバル会社のホームページが並んでいます。

多くの場合、その10件の中には
コバックさんをはじめとした
車検チェーン店のホームページも入って・・・

続きを読む

そんぽ24様と合同セミナー in 伊勢 with 「それ」全開

2012 年 3 月 5 日 月曜日

本日、三重県の伊勢市にセミナーに行ってまいりました。

e4bc8ae58ba2e381a7e381aee382bbe3839fe3838ae383bc



ざっくばらんなセミナーになりました。 少数精鋭のアットホームな会で
お越しいただいた皆様とセミナー中に絡みながら
とても楽しくお話できました。

いつもは話せないような内容もざっくばらんに
お話しし・・・

続きを読む

ホームページの前提は 「来ない」「読まない」「信じない」

2012 年 2 月 28 日 火曜日

ホームページを作成するときに
弊社が前提としていることがあります。

それはホームページのユーザーは
・来ない
・読まない
・信じない
ということです。

多くの失敗するホームページはユーザーが
来る、
読む、
信じる
の前提で作られています。

・・・

続きを読む

このページの上部へ戻る