スタッフブログ 車業界専門のホームページ制作・システム開発

【朝礼メモ】アプリケーションついて

こんにちは、新入社員の津田です。今朝の朝礼は、アプリが議題に挙がりました。
今は、WebAPI+JSフレームワークを使用したシングルページアプリケーションが熱いそうです。

自分でも、アプリついて調べたところ、いろいろな種類がありましたので記事にまとめました。

アプリとは

アプリとは、アプリケーションのことで、ソフトウェアと同じですが、スマホ用のソフトウェアは、アプリと呼ばれています。

シングルページアプリケーションとは

シングルページアプリケーション(SPA)とは、Ajaxに代表される非同期通信を利用したWebアプリです。
Ajaxは、ブラウザによって異なる挙動を吸収するjQueryなどのライブラリの登場により、広く使われるようになりました。

アプリの種類

Webアプリ
WebアプリはWebブラウザでアクセスするアプリケーションを指します。
端末内にアプリをダウンロードする必要がないため、ネット環境があれば利用できることが利点です。

ネイティブアプリ
一方、ネイティブアプリは端末内にアプリをダウンロードする必要があります。
常にネット通信をする必要がないため、動作速度もWebに比べれば早いことが特徴です。
また、ネイティブアプリといってもiPhone(iOS)かAndroidかによって開発環境や開発言語は異なります。
カメラ、GPS、マイク、加速度センサー、アドレス帳、QRコードなどデバイスの機能を利用できます。

ハイブリッドアプリ
利用するためには、端末内にアプリをダウンロードする必要があります。
ネイティブアプリのようにデバイスの機能を利用できます。
「WebView」というコンポーネントを使って開発するため、マルチプラットフォームに対応したアプリを開発できます。

まとめ

アプリ開発にも種類があり、目的によって、使い分けが必要だと知りました。

デキテルはお試しいただけましたか?

デキテルバナー 「デキテル」を利用すると1分ほどで御社のホームページが作成できます。
お試し作成が無料となっておりますのでぜひお試しください。
デキテルHPへ

このページの上部へ戻る