スタッフブログ 車業界専門のホームページ制作・システム開発

【朝礼メモ】社員の労働生産性について

seisan1

労働生産性について

こんにちは、新入社員の津田です。今朝は、労働生産性についてのお話でした。

労働生産性を上げることは、コミュニケーション問題の解決や、会社の生産性向上に繋がります。

数値の把握

労働生産性を調べるには数値を把握することが必要になります。

以下、内訳の数値の一例です。

・仕事:約20%

・作業:約80%

数値を知ることで、思っていたより作業(仕事以外)の割合が多いことに気づきます。

作業と仕事の違い

作業とは、反射的な仕事や、資料作成などになります。

具体的には、メールでのやりとりや、事務作業、移動時間などです。

つまり作業については、お客様の問題解決になっていません。

仕事とは、お客様の問題解決です。

まとめ

労働生産性における仕事の割合を増やすためには、自分の業務を数値化することが必要です。

今後、より具体的に業務の数値化を意識していきたいと感じました。

デキテルはお試しいただけましたか?

デキテルバナー 「デキテル」を利用すると1分ほどで御社のホームページが作成できます。
お試し作成が無料となっておりますのでぜひお試しください。
デキテルHPへ

このページの上部へ戻る