車業界専門のホームページ制作・システム開発

コラム vol.03 弊社に寄せられた3つの質問

弊社はおかげさまで様々な整備工場さまから制作のお問い合わせをいただいております。その理由として整備業界が大きく動いていることもあってか、皆様次の方向性を必死に探していらっしゃるからだと思います。弊社は一介のホームページ制作会社で整備工場さまを大きくするほどの力は持っておりませんが、インターネットを通じて整備工場さまのポテンシャルを最大限に引き出すお手伝いをしていきたいと強く考えております。

ホームページの制作ですが今まで他の整備工場さまからお問合せいただいた内容は次の3点が多くございました。
1ホームページを制作するべきかどうか?
2どこで制作をするか?
3予算をいくらにするか?

それぞれの問いに対しての弊社の考えは以下のとおりです。

1.ホームページを制作するべきかどうか?

これはYESです。弊社が行った整備工場さまへのアンケートによると今までの新聞折込やタウンページの効果が急激に下がってきています。これはお客様の数が急に減ったのではなくお客様が整備工場を探す場所を移動したのです。それはインターネットにです。

今でもパソコンの向こうで ○○様のような工場を探しているお客様はいらっしゃいます。お客様がそこにいるのであればホームページを制作してお客様に自ら見つけてもらう環境を作ることが必要だと考えています。出来るだけ多くの人に工場の存在を知ってもらう。それをインターネットを通じて実現するのがホームページだと考えています。

2.どこで制作をするか?

目的によって変わってきます。ホームページを制作するには目的が必要です。目的が無ければ成果を測ることもできません。多くの整備工場さまでは「とりあえずホームページを制作しよう」というノリで作られることが多いですが、売上アップという目的を達成している例は非常に少なく感じております。売上を上げて行くためには整備工場のお客様であるユーザーの動向をしっかりと知る必要があります。

しかし、自社内で制作したり知り合いのデザイナーに依頼してもユーザーの動向を反映していくことは非常に難しいのが現状です。ユーザーの動向をチェックし、仮説検証を繰り返し更新を繰り返さないと売上アップには結びつきません。しかし、それを繰り返すとコストはどんどん上がっていきます。弊社が整備工場さまに特化しているのはその仮説検証の手間を最小化するためです。

今まで制作させていただいた整備工場さまで売上アップのための仮説検証を繰り返してまいりました。そして効果を上げてきました。そのノウハウを弊社のクライアント様で共有することで効果を最大に高めて行くのが弊社の方向性となっております。

3.予算をいくらにするか?

これも目的によって変わってきます。もし、月に6万円の粗利を稼ぐのが目的であれば月に4万円前後までは予算として組み込むことが出来ると思います。 例といたしましては、弊社のクライアント様の平均の成果は車検が月に4台となっております。 車検1件当たりの粗利が29,000円前後ですのでホームページ経由の売上アップの平均は月間 116,000円ほどです。 弊社での制作費用が19,500円/月ですので約 100,000円ほどの貢献利益アップにつながっています。 チラシやタウンページなどに比べて費用対効果が高いと喜んでいただいております。

考えが至らない点も多くございますがこれが弊社の現時点での考え方でございます。

このページの上部へ戻る